簡単にわかる解説。外貨両替というのは例えば海外を旅行するときだとか外貨を手元におく必要がある企業や人が利用されている。近頃は日本円に不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する場合も増えている。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでよく調べる必要がある。
たいていの自社株を公開している上場企業なら、企業の活動を行っていく上で必要になることから、株式以外に社債も発行するのが普通になっている。株式と社債の違うところは、返済しなければならない義務があるかどうかですからご注意を。
【金融商品】アセットアロケーションって何?アセットアロケーション(投資配分)というのは一度組み立てたらおしまいではありません。出来上がったアセット(資産)アロケーション(配分)の運用状態を必ず精査し続けることが必要なのです。
【ポイント】金融商品って?関係法令上、金融商品取引法(金商法:旧証券取引法)の定めに基づいて、定義されている言葉です。これには有価証券、外貨取引と金融デリバティブなどを含んでいる。
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年12月、総理府(当時)の外局として大臣を組織のトップである委員長と決めた新しい組織である金融再生委員会が設置され、金融監督庁(金融庁)は平成13年1月の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管理下に3年弱置かれていたという事実がある。
名言「銀行の経営の行く末は銀行の信頼によって繁盛するか、融資するほど値打ちがあるとは言えないと見込まれたことで順調に進まなくなるか、どちらかだ」(引用:モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
【用語】スウィーブサービスの内容⇒銀行の預金口座と証券用の取引口座の間で、株式等の購入代金や売却益が手続き不要で振替されるぜひ利用したいサービス。同じ金融グループによる優良顧客を囲い込むための作戦なのだ。
【投資商品】株の取引を例に取れば、一般的な個人投資家が利用する取引の形態は、実際に証券会社へ出向いての窓口あるいは営業マンを通す対面取引よりも、ネット上のオンライントレードでの売買のほうが明らかにメジャーになっている。
福田首相が総理を降りた直後の2008年9月、米国の最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズの経営が立ち行かなくなったのです。この出来事が世界的な金融危機の原因となったので「リーマン・ショック」と名づけたのが由来。
ゆうちょ銀行(JP BANK)によるサービスは法律上、2007年に廃止された郵便貯金法による「郵便貯金」と異なる、銀行法が適用されの規定に基づいた「預貯金」に沿った商品なのだ。
【経済用語】ネット証券が出現したので取引に必要な証券会社等への売買などの手数料は、最近は数百円ほどに下がり、思う存分取引、情報収集が可能な状態に遂になったのである。
【投資商品】外貨預金⇒銀行で購入できるのですが、円による預金の取り扱いとは違い預金保険制度(破綻した場合に、預金者等を保護する)の保護の対象とならない預金です。MMF(MMF:公社債、短期金融資産などで運用して利益を求める投資信託)は、ネット銀行であったり証券会社等で購入することが可能。
【投資の前に】「仕手」って何のこと?作為的に株式価格の自分の都合に良い操作を実現させる卑劣な投機手段となり、この「仕手」は違法行為に該当しますが、実際には、この行為が行われなくなることは無いと思われます。
こうして日本の金融・資本市場の競争力等を高める為に進められた緩和のほか、金融に関する制度のますますの質的向上が目指されている取組や業務等を積極的に促進する等、市場および規制環境の整備がどんどん進められております。
【金融用語】金融商品あるいはサービスというものには、どうしても、その特性上、商品やサービスに危険性が内在しているので、金融商品やサービスに投資をする者は、そんな危険性が必ず存在することを前提にした取引するべきだ。